ヒアルロン酸と皮膚の構造


人間の皮膚は、大きく分けると3層に分かれており、

1,表皮(角質層)
2,皮下組織(基底細胞)
3,真皮

という構造になっています。

普段私たちが目にするところは、
表皮の部分です。

ヒアルロン酸は、真皮に含まれており、
水分や栄養を蓄え、表皮に潤いを与えてくれます。

また、真皮はコラーゲンやエラスチンとムコ多糖類で
形成されています。


この真皮にヒアルロン酸が多く含まれていればいるほど、
みずみずしいお肌が作られていくのです。

ヒアルロン酸の皮膚での働き


ヒアルロン酸は、優れた保水力が最大の特徴です。


ヒアルロン酸は、みずみずしいお肌を保つには
なくてはならない存在です。


優れた保水力のあるお肌を保つことは、
外部からの免疫を強化して、他の病気への
抵抗力も高まります。
お肌にとって乾燥は大敵なのです。


表皮内のヒアルロン酸の多くは、角層という
ところに存在しています。


ヒアルロン酸は、疎水性と親水性の両方の性質を持っており、
天然の保湿成分としての働きの他に、
セラミドなどの細胞間脂質と共同で皮膚の機能を
維持すると言われています。


ヒアルロン酸の働きは、美肌だけでなく、
体内の機能を潤滑にする効果があります。


ヒアルロン酸は、細胞の働きを安定させる役割もあり、

・細胞の構築や水分調整、
・栄養の供給
・老廃物の除去

等の生体機能の調節に不可欠ないろいろな
役割を果たしています。


また、その他にも、
・感染を防御
・血清中の脂質の調節
等、生命に関わるような動脈硬化などに影響するような大切な
働きもしています。


ヒアルロン酸の不足が大きな病気や老化の原因となってしまう
場合もあるので、普段からヒアルロン酸を意識して摂取するよう
心がけましょう。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。