ヒアルロン酸とは?


ヒアルロン酸は、ゼリー状の物質で、
体内ではへその緒や目、皮膚、関節などに存在しています。


関節では、関節液という潤滑油の働きをする液体の中に、
ヒアルロン酸は含まれており、クッションの役割をしています。


目では、硝子体の中に含まれているヒアルロン酸は、
緩衝作用や組織形状の維持などの役割をします。


ヒアルロン酸は肌の乾燥を防ぐ役割があり、
ムコ多糖類を代表する成分です。


ヒアルロン酸の皮膚の真皮は、ムコ多糖類、
膠原繊維のコラーゲンや弾力繊維である
エラスチン等で構成されています。

ヒアルロン酸の重要性


ヒアルロン酸は、糖分の一種で重要な働きをしています。


人間の体にとって必要な栄養素とは、
1,炭水化物
2,たんぱく質
3,脂質
4,ミネラル
5,ビタミン酸素
が、あげられます。

その中の炭水化物の中に類する
(1)でんぷん
(2)セルロース
(3)糖分
は、エネルギー源として重要な役割を果たします。

さらに、その中にある糖分は
(1)単糖類
(2)二糖類
(3)三糖類
(4)多糖類
等と、いったものに分けられます。

糖分は酸素によって体内で分解され、
グルコースという多糖類に変化します。

グルコースは重要なエネルギー源となり、
たんぱく質や脂質といったものと結合して
細胞を構成したり、様々な働きをします。

ヒアルロン酸は、その糖分の一種で重要な働きをします。


ヒアルロン酸によって健康的な細胞・血管を作ることも
重要な要素です。


免疫力の低下はあらゆる病気に繋がります。

免疫力を高め病気を防ぐためには、
1,喫煙や飲酒を適度にする。、
2,運動や笑うことを心がける。
3,なるべくストレスを溜めないようにする。
等、いろいろな方法があります。


ヒアルロン酸で健康的な体を保つことで、
成人病等(生活習慣病・ガン・心筋梗塞・動脈硬化など)から
守ることができます。

ヒアルロン酸の代謝


ヒアルロン酸の代謝は非常に短く、
コラーゲンの半減期
(半分に消耗するまでの期間)は、6ヶ月ですが、
ヒアルロン酸の場合は、わずか1日で半分が
表皮の部分では、なくなってしまうといわれています。


ヒアルロン酸を長期的に摂取することが、
いつまでもハリやツヤのある肌を保っていくためには、
必要です。


ヒアルロン酸注射によるしわの改善法等は、
現代の美容整形などでは、一般的ですが、
定期的に行う必要があります。

注射だけではなく、ヒアルロン酸を、経口摂取によって
体内から作り出すことも必要です。


ヒアルロン酸の抜群な保湿力


ヒアルロン酸は1gあたり約6000mlの
水分を保持する能力があります。

少量のヒアルロン酸を摂取することで、
体内のあらゆる部分の水分を保湿することができるのです。

人間が生きていくうえで水分は欠かせない物質です。


ヒアルロン酸の体内の水分が減少すると、
肌にハリがなくなりしわやたるみの原因となります。


また、細胞が正常に働かないため、
様々な病気への引き金となってしまうのです


体内に充分な水分を補うことで、
病気を防いだり美しい皮膚を生成したりします。


ヒアルロン酸を摂取して水分を保持することは、
いつまでも元気で過ごすためには、とても重要ですね。


ヒアルロン酸とビタミンとの関係



ヒアルロン酸は体内で代謝されると真皮などに
蓄えられます。
代謝されるときには、ビタミンCが必要になります。


ヒアルロン酸は、ビタミンCが足りないと、
真皮などの細胞や組織に、蓄えられることなく
排出されてしまうのです。


また、ビタミンCは、免疫性があり、
骨髄で生産される白血球、リンパ球が支配しているので、
これらの血球に効力を及ぼして免疫性を高めてくれます。

ヒアルロン酸も免疫性を高める特徴も持っています。


他には、ヒアルロン酸をビタミンAなどの抗酸化剤で
活性酸素から守ることにより、紫外線などによって
発生する活性酸素の影響を少なくすることができます。


ヒアルロン酸を摂取する際は、ビタミンも
一緒に摂取すると良いでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。