ヒアルロン酸とは?


ヒアルロン酸は、ゼリー状の物質で、
体内ではへその緒や目、皮膚、関節などに存在しています。


関節では、関節液という潤滑油の働きをする液体の中に、
ヒアルロン酸は含まれており、クッションの役割をしています。


目では、硝子体の中に含まれているヒアルロン酸は、
緩衝作用や組織形状の維持などの役割をします。


ヒアルロン酸は肌の乾燥を防ぐ役割があり、
ムコ多糖類を代表する成分です。


ヒアルロン酸の皮膚の真皮は、ムコ多糖類、
膠原繊維のコラーゲンや弾力繊維である
エラスチン等で構成されています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。