ヒアルロン酸配合!クリスタルエンゼル ローション3 体験談


ヒアルロン酸配合の浸透力に驚きです!


匂いもないし、さらっとしていてもう手放せません。

しっかりヒアルロン酸が浸透してお化粧崩れもしません。


肌に吸い込まれていく感じが良くわかります。
重ねてつけても更に吸い込まれて行くので、
たっぷりうるおう感じです。


このヒアルロン酸配合のローションを使用するようになって
以前は、乾燥肌でカサカサしてたのですが、
肌がかなりしっとりしました。


肌につけた瞬間、ローションの液がかなり柔らかく
違和感なく使用できます。


容量も多いので毎日たっぷり肌に水分補給してます。


ヒアルロン酸配合!ふっくら新感触
クリスタルエンゼル ローション3 180ml

■ヒアルロン酸配合!クリスタルエンゼル ローション3




ヒアルロン酸と化粧品



最近では、ヒアルロン酸は化粧水や乳液、
クリーム、パック、サプリメント等、
さまざまな化粧品に配合されています。


ヒアルロン酸の特徴として、
水に溶けやすく、高い保湿力があります。


ヒアルロン酸は、肌なじみやすく、角質層の水分量を高め、
しっとり感を与えてくれるため、美容液などにも
多く使用されています。


ヒアルロン酸は化粧品以外にも、保湿効果が必要とされる
入浴剤や、洗眼液などにも利用されています。

低分子ヒアルロン酸スーパーオンディーヌ120MG 体験談


このヒアルロン酸の商品にハマってしまった2つ目の
リピーターです。

この商品は、ヒアルロン酸が特殊な製法により、
分子が小さく、非常に吸収が良いので飲んでいます。

体内に取り込まれているのを実感しています。

就寝前に飲んで、翌日には効果発揮されました。

飲んだ翌日から、お化粧のノリが良くなりました♪
ヒアルロン酸のパワーを感じます(^^)

また、ヒアルロン酸といえば、お肌にイイもの・・・としか
知りませんでしたが、膝、腰などの関節にも
効果抜群らしいです。


膝の関節が痛くて杖をついていた母に送ったところ、
すっきり痛みが取れ、近所のお年寄りたちの間でも
大好評だそうです。


ペプチド結合した低分子ヒアルロン酸ECM・Eを
たっぷり120mg含有、だから効果が・・・!? 


■低分子ヒアルロン酸スーパーオンディーヌ120MG




ヒアルロン酸とサプリメント


ヒアルロン酸の特徴として、脊椎動物にしか含まれておらず、
熱に弱く、非常に大きい分子のため、天然のヒアルロン酸
吸収しにくいという性質があります。


ヒアルロン酸を多く含んでいるのは、動物の目や皮や骨、
といった部分で、普段の食事ではあまり頻繁に
とることのない部分です。


ヒアルロン酸は、加齢とともに減少するため、
補給するには、体内で作られるヒアルロン酸量では
足らなくなってきます。


そのため最近では、ヒアルロン酸をサプリメントで
摂取することができるようになってきました。


ヒアルロン酸は、ビタミンとあわせて摂取すると
十分な効果を発揮できます。


特にビタミンC、ビタミンB群はヒアルロン酸には、
必要なビタミンです。


また、ヒアルロン酸は、通常大きい分子量をもち
吸収しにくいため、分子を細かくし、体内に
吸収されやすくした低分子ヒアルロン酸
サプリメントもあります。

ヒアルロン酸とコラーゲンの関係


ヒアルロン酸とコラーゲンは
保湿に関して能力を持っていることで知られています。


コラーゲンは、真皮部分に格子状の網のようになっていて
肌の成分をしっかり囲い込む働きを持っています。

その網の間に、保湿にとても力を持っている、
ヒアルロン酸などを囲い込むことによって、
お肌の保湿力&弾性力を保つことができるのです。

つまり、どんなに良いヒアルロン酸をたくさん飲んでも
お肌にコラーゲンが不足していたら、ヒアルロン酸がお肌に
しっかり確保できず、保湿も弾力も現れにくくなってしまいます。


ヒアルロン酸とコラーゲンにはお互いの
良さを引き合う、相乗効果があります。


みずみずしいお肌を保つためには、
ヒアルロン酸とコラーゲンの両方を摂取するのが
望ましいといえるでしょう。

ヒアルロン酸と目 白内障・角膜移植



目は体の中でもヒアルロン酸が多い部分です。


ヒアルロン酸は、粘弾性の特性をもっており、
このヒアルロン酸の特性が、細胞を傷つかないように
保護します。


白内障の手術では、人工レンズを挿入する際に
ヒアルロン酸を使用します。


白内障の原因は様々ですが、
原因の1つには栄養不足があり、予防法として
ヒアルロン酸を摂取することが、あげられています。


ヒアルロン酸は、白内障手術や角膜移植、
網膜はく離、緑内障、点眼剤などの眼科医療にも
使用されています。


最近ではヒアルロン酸を使用している目薬もあります。

ヒアルロン酸と関節の働き



関節も体内でヒアルロン酸の多い部分です。
その中でもヒアルロン酸は、関節液と呼ばれる
液体に多く存在します。


関節液の粘りと軟骨の弾力を活発にさせるので、
クッションとしての役割を果たします。


関節液の役割は、骨同士を滑らかに結ぶ、
潤滑油のような働きをします。


ヒアルロン酸のおかげで、関節軟骨は重い体重を
一日中受け続けたり、また走ったりした場合等、
大きな衝撃にも耐えられるのです。


またヒアルロン酸は、日々寝ている間に
磨耗する軟骨を、修復してくれてると言われています。


ヒアルロン酸は、保水力と粘弾性の特性があるため、
関節を滑らかに動かすには必須の成分となっています。


ヒアルロン酸が少ないと、関節液が骨のクッションとしての
役割を果たせないため、関節が痛くなったり、
変形性関節症、リウマチを引き起こしてしまいます。


ヒアルロン酸は、関節炎や変形性関節症、
リウマチなど腰や肩への関節の治療にが使用されています。

ヒアルロン酸と皮膚の構造


人間の皮膚は、大きく分けると3層に分かれており、

1,表皮(角質層)
2,皮下組織(基底細胞)
3,真皮

という構造になっています。

普段私たちが目にするところは、
表皮の部分です。

ヒアルロン酸は、真皮に含まれており、
水分や栄養を蓄え、表皮に潤いを与えてくれます。

また、真皮はコラーゲンやエラスチンとムコ多糖類で
形成されています。


この真皮にヒアルロン酸が多く含まれていればいるほど、
みずみずしいお肌が作られていくのです。

ヒアルロン酸の皮膚での働き


ヒアルロン酸は、優れた保水力が最大の特徴です。


ヒアルロン酸は、みずみずしいお肌を保つには
なくてはならない存在です。


優れた保水力のあるお肌を保つことは、
外部からの免疫を強化して、他の病気への
抵抗力も高まります。
お肌にとって乾燥は大敵なのです。


表皮内のヒアルロン酸の多くは、角層という
ところに存在しています。


ヒアルロン酸は、疎水性と親水性の両方の性質を持っており、
天然の保湿成分としての働きの他に、
セラミドなどの細胞間脂質と共同で皮膚の機能を
維持すると言われています。


ヒアルロン酸の働きは、美肌だけでなく、
体内の機能を潤滑にする効果があります。


ヒアルロン酸は、細胞の働きを安定させる役割もあり、

・細胞の構築や水分調整、
・栄養の供給
・老廃物の除去

等の生体機能の調節に不可欠ないろいろな
役割を果たしています。


また、その他にも、
・感染を防御
・血清中の脂質の調節
等、生命に関わるような動脈硬化などに影響するような大切な
働きもしています。


ヒアルロン酸の不足が大きな病気や老化の原因となってしまう
場合もあるので、普段からヒアルロン酸を意識して摂取するよう
心がけましょう。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。